会社概要

 company-profile

 

Starview International (SVI)について

Starview International (SVI) の本社はシンガポールにあり、幅広いSVIブランドの光ネットワーク製品の設計、製造および販売を行っています。SVIは、業界標準仕様に従って厳しい検査に合格した信頼性と品質の高い製品を独自に設計、製造するシステムを確立しました。

SVIの製品は、東南アジア、日本、欧州、中東、アフリカ、オーストラリア、米国およびブラジルで販売されています。SVIは、主要企業、通信事業者やデータセンターを含む強固なユーザリファレンスを持っています。SVIは、お客様に対し製品と同様優れた販売後サポートを提供します。

SVIの製品群

SVI製品は、トランシーバモジュール、STARPOD、STARTAP、STARMUX、光パッチケーブル、アッテネータ、カプラおよびアダプタで構成されています。

SVIは、SFP、GBIC、SFP+、XFP、XENPAK、X2、QSFP+およびCFPといったさまざまなトランシーバを提供します。すべてのSVIトランシ ーバモジュールは、MSA標準に準拠していますが、そのうちSFP、SFP+およびXFPトランシーバモジュールは、多くの主要ネットワークベンダー機器でシームレスに利用するために、STARPOD (Starview Programmable Optical Device) にてコーディングも可能です。 これは、共通のSVIトランシーバモジュールが、さまざまなネットワーク機器をサポートすることで、お客様に対し高い柔軟性と効率性を提供することを意味します。

SVI の幅広い光アクセサリ製品群:

  • STARTAP (Starview Tap)ネットワーク監視目的で、カスタマイズされたタップレシオにより光ファイバを分割するためのモジュラーネットワークタップソリューション。
  • STARMUX (Starview Multiplexer)SVI の小型パッシブWDM (Wavelength Division Multiplexing) は、光ファイバペア上で100Mbps ~ 10Gbpsのデータ速度において最大16のアプリケーションを束ねる CWDM (Coarse WDM)技術を使って、光ファイバの過密を軽減します。 OADM (Optical Add Drop Multiplexing) は、CWDM光パスのadd-drop( 追加‐分岐)を提供します。
  • SVI 光パッチコードは、信頼性の高いネットワーク機器の接続を確立するために、曲がりに強い光ファイバを使用して工場にて事前に終端処理しています。
  • SVI 光アクセサリアッテネータ、カップラおよびアダプタは、最適な信号品質と性能によって信頼性の高いネットワーク通信を確立します。

カスタマーケア

SVI Customer Care portal (お客様サービス)は、ホットライン、Webポータルおよびメールによってサポートを提供します(英語対応のみ)。SVIの熟練したエンジニアおよび社員により、お客様はネットワークにおいてSVI製品の導入時に特別なサポートを享受できます。

SVIトランシーバの利点

SVI は、常に業界をリードするコンポーネントで、低価格、短納期により幅広いトランシーバモジュールを提供します。 すべてのSVI トランシーバモジュールは、ベンダーのネットワーク機器との接続を確立するために出荷前にコーディングされ、DDM (Digital DiagnosticMonitoring) デジタル診断監視機能も搭載されています。デジタル診断監視は、ユーザがトランシーバの光信号受信感度、送信出力、レーザーバイアス電流、トランシーバの入力電力および温度をリアルタイムにリモートで監視できるようにする機能です。この機能は、ネットワーク管理者が信頼性の高いネットワーク機器の性能監視を構築するための有効なツールになります。

SVI トランシーバは、RoHS および MSA に準拠しており、高速音声、ビデオおよびデータ通信を確立するためにさまざまなネットワ ークプロトコルに対応しています。 これらのアプリケーションは、Ethernet、 ファイバチャネル、 4G LTE、 GPON や SONET/ SDHで利用することができます。SVI トランシーバは、メタル、シングルモードまたはマルチモード光ファイバ上でデータを伝送でき、伝送速度、波長、消費電力や動作温度の選択が可能です。

STARPODによって、運用経費(OPEX) の削減が可能です。 SVIのSFP、SFP+およびXFPトランシーバモジュールは、ベンダーのネットワーク機器で利用できるよう、STARPODにてリプログラミングが可能です。SVIは、Certificate of compatibility(互換性証明書)によ って、トランシーバモジュールのインターオペラビリティを保証しています。

ラボで実施されるプロセス

1



互換性

SVIのモジュールは、出荷前に標準ベンダーのコーディングに設定されます。

2

 

フルトラフィックテスト

SVIのモジュールは、品質と信頼性確保のために検査されます。

3

 

レーザーの色

SVIのモジュールは、波長が正しく伝送されることを確認するために光スペクトラムアナライザーによって検査されています。

4

 

EEPROMおよびラベルの内容

すべてのSVIのモジュールEEPROMは、標準モジュール型番により現場においてリプログラミングするためにSTARPODと互換性があります。

 5

 

レンズの検査および清掃

SVIのモジュールは、TOSAおよびROSAウインドーに埃がないことを確認するため検査されています